子供を教育する

計算する小学生

一般的なアルバイトは、企業利益を上げる事を最優先しています。サービスを提供したり、商品を製造する事によって、会社を潤して行く事が最重要課題なのです。 一方、子供達と触れ合う教育の世界は少々異なります。例えば家庭教師のアルバイトは、子供の成績を上げる事で、子供達の未来を救う役割を果たす仕事です。子供が難関高校や大学に入学すれば、自分自身の評価が上がる事はもちろんですが、家庭教師のバイトはそれ以上の目的や価値があるものなのです。 家庭教師の給料相場は、勉強を教えるお子様の年齢や家庭教師の社会的立場、また個人契約か派遣かによって変わるのが一般的です。 大学生の家庭教師の場合、一般的に時給2,500円ほどが相場です。ベテラン講師であれば3,500円ですので、伸び代の高いバイトであると言えます。

家庭教師のバイトと言えば近年になって生み出されたものと言うイメージがありますが、古代ギリシャの時代から存在していました。 ヨーロッパにおける家庭教師の歴史は古く、十九世紀イギリスでは貴族の子供達は学校だけでなく家庭教師に勉強を習うケースも多かったのです。 日本でも平安時代の貴族には家庭教師がついていた事が知られていますが、こちらも高い身分の子女にだけ許される特権でした。 また日本の場合、家庭教師に就く事ができる女性も身分の高い女性だったのです。 一方現在では、こうした仕事は身分の貴賎に関わらず行なう事ができるものです。もちろん一定の学力は必要になりますので、通っている大学や出身大学が重要になる事は間違いありませんが、勉強と教える事が好きな人であれば多様な人達が志せるバイトなのです。